イソップ物語です

都会の私立大学が定員増できなくなるということです。
いいのではないでしょうか。そこまで必要でもないと思います。
しりつだいがくがおおすぎますから。

それは別として、もっと、国立大学の学生に、実務的なスキルの科目を提供して、副業のような、別の分野でも活躍できるような支援をして欲しいです。
大学を研究するところと思うのはあたりまでしょうが、生きるすべを与えて欲しいのです。

その道のプロが丁寧に対応、分からない点も相談にのってくれます。
相続を横浜で相談するなら断然ココがイイ!
無料相談も受付中なので、気軽に相談できます。

そのくらい、地方大学、国立大学の学生を遊ばせておく必要はありません。
一番無理が利くときに、休みの多いのは無駄です。4ヶ月も休みがあって、もったいないです。

アルバイトよりも、仕事のスキルを身につけてほしいです。
イソップ物語になる、魚釣りのお話です。お魚を上げるよりも、お魚を釣る方法を教えて欲しいのです。役に立つと思います。
受験しているのでうから、拍子抜けするほどの勉強量の少なさではないでしょうか。そのくらい、サークルだけではもったいないです。